毒親の父母別のチェック方法!過干渉・結婚・お金で悩む人の対処法も!

こんにちは、毒親からの自立支援をしている今日子です。

私はいま、人生の終盤に差しかかる歳となりました。

私にとってこの長い年月は、いつも「生き辛さ」を感じながら生きていました。

気がつくと同じような事が繰り返されているのは何故なのか?と不思議に思っていました。

でも、私はひとつひとつの現象に原因と問題があるのだろうと思って、自分自身に対して無理矢理納得させていました。

けれども、本当の「生き辛さ」の原因はそこには無かったのです。

私にとって当たり前すぎていた家庭の内に、その根っこの部分があったのです。

そうです。

私は不健全な家庭環境で育てられた子供だったのです。

世間では、その父母のことを毒親と呼んでいます。

しかし、私が生きていくためには必要な存在だったのも確かなのです。

 

あなたは、どのような父母に育てられて来ましたか?

そして、あなたはどのような影響を受けましたか?

また、その影響はあなたの、その後の人生にどんな害をもたらしていますか?

今のあなたが、父母からの過干渉で息苦しさを感じているならば、それは正しい生き方をしていません。

あなたが変わる必要があります。

また、これから結婚を考えている人。

もしくは、すでに結婚をしている人にとっても、ご自身が毒を持つ父母との関係性を変えていかないと苦しみは続きます。

お金に対しても同じです。

親の価値観や考え方、物事の捉え方を刷り込まれています。

この部分もあなたの考え方を書き換えなければ、豊かにならないのです。

そこで毒親の父母のチェック方法や過干渉・結婚・お金で悩む人への対処方法について話していきます。

 

 

毒親の父母別の3つのチェック方法

あなたの父母は、どのような特徴を持っていますか?

もし、下記に該当していたら「よく頑張って生きてきましたね」とねぎらいのことばを送りたいと思います。

そして、これからはあなた自身があなたにとって最良な方法を選択して、人生を切り開いて生きて欲しいと思います。

毒親(父)のチェック方法

父親が毒を持っている場合は、力で抑えようとする傾向があります。

たぶん、父親も同じ経験をしているはずです。

だから、同じことを無意識に行っています。

けれど、もしも父親からの卑劣な行為の犠牲者になっていたならば、今すぐに外部の保護機関に助けを求めて下さい。

あなたは、何も悪くはないのです。

何度でも諦めないで救いを求めていいのですよ。

(1)自分が中心でないと不機嫌になる

自分の気分が悪くなることは、すべて他人のせいにします。

自分が悪くても認めずに他人が悪いと結論をつけたがります。

極端な例をあげるとするならば、天候に関しても気に入らないと他人のせいにして怒り出します。

(2)大声で怒鳴る・高圧的な態度(精神的ないじめ)

弱い者に対しては、脅しともいえる態度で従えようとします。

感情的になっているので、乱暴で汚い言葉を投げつけてきます。

相手がそれによって傷つくことすら考えられません。

自分の気がすむまで延々と続きます。

子供にとっては安心・安全な家庭ではないです。

(3)物にあたる・暴力をふるう・酒に溺れる

散々汚い言葉を吐き続けても、気が治まらないと物を壊しだします。

後先など考えられないようです。

そして、暴力を振るった後で立場が悪くなりそうになると、殴ったことも記憶にないことにして逃げようとします。

常に暴力の対象になる相手は、弱い立場の女性と子供です。

自分よりも強い相手には、立ち向かうことはしません。

毒親(母)のチェック方法

母親が毒を持っている場合は、過保護・過干渉の傾向があります。

または、その逆でネグレスト(無視、放置など)もあります。

どちらも毒になります。

母親もまた同じ経験をしている場合が多いです。

上記の父親のチェック方法に該当する母親もいます。

(1)世間体をとても気にする(外ずらがいい)

家庭内の顔と世間に向けての顔が違う。

子供のことを思って何かをするのではなく、外側の世界を基準にしている。

そのため、常に他者との比較で生きているので、心が満たされることがない状態です。

自分が無いので、状況によって言動や行動に一貫性がありません。

(2)束縛とコントロールが強い

すべて母親の思い通りに動いて欲しいと思う気持ちが強いです。

母の考えが正しいから始まって、自分のレールに乗せることが重要になっています。

幼少期から子供の考え方を否定する傾向があります。

子供を認めたり褒めることがとても少ないです。

(3)過干渉(過保護)である

母親の満たされない部分を補おうとしているかのごとく、子供の 一部始終に関わりを持ちます。

子供にとっては成長の機会を奪われます。

その結果、自分で物事を考えられなくなってしまいます。

母親としては、子供が大切だからしていることだと思っています。

正しい行動だと確信しているために、その行動を改めません。

毒親の過干渉・結婚・お金で悩む人の対処方法

あなたの父母は、どの部分が強く表に出ていますか?

ひょっとしたら、ひとつだけでなく複数を持っているかもしれません。

大きな特徴としては、とにかく重たい感覚があります。

あなたが今もなお悩んでいるならば、あなた自身が今までとは違う思考や行動をすることです。

あなたは自分のことを自分でしか守ることは出来ません。

それは、あなたが自分を大切に扱うことでもあります。

過干渉の対処方法

とにかく親は、あなたの全てを把握していないと気が済まない傾向があります。

だから、急に距離を取ると大騒ぎをする可能性があるので、少しずつ様子をみながら親との間に境界線が引けるようにしましょう。

それでも、親がたびたび境界線を越境してくるのであれば、独立することを目標に計画を立てるといいですね。

しかし既に住まいを別にしていても、干渉が納まらない場合も多くあります。

親を変えようとしても無理なので、あなたが変わることが一番早いです。

感情的にならずに、素直にあなたの気持ちを伝えてみましょう。

たぶんいつもと違う行動に驚いて反論してくると思いますが、勝ち負けではありません。

ただ、素直な気持ちを伝える行動をするだけです。

変化は相手ではなく、その行動をしたあなたに起きたということです。

これにより、親がどの様な反応をしたとしても影響されずに平常心でいてください。

繰り返します。

親を変えるのではありません。

あなたが毅然とした態度を貫くことです。

時には、距離を置くことも必要かもしれません。

結婚に対する対処方法

あなたが毒にどれだけ侵されているかで対処法が違ってきます。

もし、親との共依存関係にあるなら、嫌だといいながらもあなたも離れられない状況であることを認識しましょう。(ここがとても重要)

また、毒の侵され具合が軽症だった場合でも、親があなたの好きな人を受け入れてくれるか分かりません。

でも、あなたが選んだ相手が本当にあなたにとって最良の人であるならば、礼をもって事を進めるといいと思います。

やるべきことはきちんとする。

けれど、親がそれを受け入れるかどうかは気にしないことが大事です。

親のメンタルの問題になっているからです。

また、お相手の方が健全な家庭に育った人だと、毒親についての理解が不足しているかもしれません。

それは体験していないから仕方がないことですから、分かってもらうことに多くのエネルギーを使わない方がいいです。

そもそも、同じ環境で体験をしたとしても人によって捉え方は違うものです。

また、ことばで表現するにも限界があります。

だから、説明しても理解してもらえないと嘆くよりも、理解してくれた部分に感謝をしましょう。

お互いによい関係を育んでいくことが大切です。

お金に関する対処方法

お金は、その人の心の状態を表すものだと思います。

あなたの親は、お金に対して綺麗ですか?

それとも汚いですか?

綺麗とは、使うべきところに使い。

使う必要がないところには使わない。

そして、使う時は感謝して喜んで出します。

反対に汚いとは、執着心が強いので使うべきところでも使わないことです。

その結果、使う必要がないところで使うことをしています。(無自覚)

毒親の場合は、綺麗な使い方をしていない傾向があります。

自分達が子どもを作ったにも関わらず、育ててやっていると恩着せがましいです。

しかし、子どもが収入を得られるようになると、親は当たり前のようにお金を要求してきます。

そして、悲しいことですが感謝されることはありません。

確かに、ひと昔前の日本では、子供は労働力であり、親や兄弟を支えるのが当たり前の時代がありました。

けれども豊かになった現在の日本では、そこまで親や兄弟のために尽くさなくても大丈夫になりました。

あなたはその事を理解したうえで、負担のない範囲でお付き合いをすればいいのです。

まとめ

毒親は家系の負の連鎖が引き起こしている場合が多いです。

どこかで誰かが正さないと、毒は今後の世代にも引き継がれていきます。

この事に気がつかれた方々が、この記事を読まれていると思います。

この現象に、変化を起こさせるのはあなたでしょうか。

それとも、あなたの後の世代の人になるのでしょうか。

人が何かを始める時、最初が一番エネルギーを消費します。

それでいて、誰もが気がつかないくらいに少しずつしか変化をしません。

もともと、変化を嫌うのが人間の本質ですから誰からも感謝されないかもしれません。

でも、あなた自身が未来を変えたいと望んでいるならば、自分の幸せのために己自身を変える行動をしませんか?

けっして、相手を変えることではありません。

自分の内面と向き合うことです。

今まで、あなたの気持ちを理解してくれる人がいなかった。

誰にも助けを求めることが出来なかった。

勇気を出して救いを求めたけれど、

誰からも助けてもらえなかった。

自分なんてどうでもいい存在なんだと

投げやりになっていた。

そんな孤独や悲しみ、怒りを抱えている自分が存在している。

そんな感情を持ち続けて抑圧している自分がいる。

それらのすべてを持っていたとしても、自分を否定することはありません。

ありのままの自分を受け入れて、そんな自分を許すことからが始まりです。

さあ、今のあなたが幸せになるためには、これから何をすればいいでしょうか?

常に今を意識することが大事なのです。

メルマガ登録

個別相談の申し込み

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す