業(カルマ)とは? カルマ解消の方法と新たなカルマを作らない方法について

karuma

こんにちは、毒親からの自立支援をしています。

スピリットヒーラーの今日子です。

「自分の中に眠る毒親」を、スピリットヒーリングで真解放して、“私を超えた奇跡の私”で生きていく!

“真”開放ヒーリング

 

スピリチュアル×心理学×脳科学を使って、「刷り込まれた価値観」を「新しい価値観」に書き換えるステップで、機能不全の家庭で育った人だけではなく、生きづらさの改善をしています。

 

本日は、業(カルマ)とは?

カルマの解消方法と新たなカルマを作らない方法について、ご紹介させて頂きます。

 

私がこの業(カルマ)という言葉を知ったのは1983年です。

わたしも皆さんと同じように魂のカルマと家系のカルマの解消をする為に、一番効果的な環境を選んでこの世に生まれてきました。

 

しかし、生まれる前の記憶がないので「ちょっと無茶しないでよ!こんな大変な環境ばかりでやってられないよ!」と文句をいいたかったところです。

でも、魂が老齢の場合は困難な人生を送ることが多いようです。

 

特にわたしの場合は、最初にご縁があった霊能者の先生から、仏教的な人の道を教えられました。

今から考えると人生を修行の場と捉えて荒行をしてしまったけれど、そんなことする必要はなかったと思っています。

なぜなら、わたしが解消しなければ、来世に持ち越しになっていたカルマについて意味を理解して腑に落とすことができたからです。

 

そう。

すべてがとってもシンプルで簡単なことだったのです。

そして、多数の宗教が導いている本質的なことも、それぞれの集団が少し歪んだ解釈をしてしまっているかもしれませんが、究極的にはひとつの同じことだと感じています。

業(カルマ)とは?

業(カルマ)とは、あなた自身が新たなカルマを作らないことが一番大切なことだと教えて頂きました。人として道を外れてはいけない。

そして、わたしの魂が前世から持ち越しているカルマの解消と、選んで生まれた家系のカルマの解消をするようにいわれました。

この世の中は物質社会だけれど、魂の住む世界はお金の変わりになるものが「徳」であり、「徳を積む」ことでカルマの解消がなされる。と聞かされました。

 

それは、特別なことではありません。

いつも笑顔でいることも回りの人達に徳を積んでいることになります。

当たり前だと思わずに、いつものことに感謝の気持ちを持つこともそうです。

逆に、これをしたから徳を積んだ。は、条件がついているのでマイナスになります。

得るものがなければやらない。ではダメなのです。

 

カルマの法則では、「蒔いた種はいつか実を結び、刈り取らなければならい」です。

今世で刈り取りが出来なかった場合は、来世でも続きをさせられます。

しかし、自分が蒔いた種を本人が刈り取ることになるなら、まだいい方かもしれません。

余りに大きなカルマになると、次世代まで持ち越しになってしまします。

 

子供や孫、曾孫やもっと先の子供達に背負わせるのは申し訳ないですよね。

今生が終わればすべて無くなるのではないと意識しないといけません。

 

家系のカルマについて

あなたの家系で同じようなことが繰り返されていることはありませんか?

 

例えば、

1.女の子しか産まれない(家系が絶える)

2.お酒やギャンブル、異性問題で失敗する人がいる

3.結婚生活が破綻している&離婚する

4.事故や病気、自殺などで早くに亡くなっている

5.人を殺めたり、被害者になったりと犯罪に関わるを持つ

6.行方不明の人がいる

 

今、あなたが存在しているのは、ご先祖様がいらっしゃるからです。

長い歴史の間には自然災害や飢饉、戦いもありました。

その中には、この世に思いを残している方もいるでしょう。

他人から恨まれることをした人もいるかもしれません。

 

その「念」が種であり、その家系に実がなった状態のことこそ「結果」です。

その事に気がついた人は、カルマの解消を任されてきています。

産まれた時からカルマという借金を背負わされていたら、人生を切り開いていくのに大変な苦労をします。

一方、産まれた時から苦労知らずの人は、ご先祖様の徳の貯金を使っています。

例えば、

  1. 困った時には、助けてもらえる現象が起きて事なきを得る
  2. いつも家庭が円満である
  3. よい雰囲気の人達に囲まれている
  4. 心身ともに健康である
  5. 物質的に心配するようなことがない
  6. 自分がしたいことが成し遂げられている

 

どちらにも共通していることは、この状況を悪くさせないことです。

そして、もっとより良くして行くことです。

また、是非やって欲しいことは先祖供養です。

 

もし放置していたら、こころを込めてお詫びをしましょう。

成仏できていないご先祖様は、あなたを頼って来ています。

 

あなたの人生を悪くしようとは思っていないけれど、それが重しとなって浮上するのに苦労します。そして、恵まれている、いないに関わらずご先祖様に感謝しょう。

 

人の生き死に関係なく、人に詫びることや人に感謝することは人の道に通じます。

先祖供養という言葉を嫌わないでくださいね。

 

魂のカルマについて

魂にも人間と同じように年齢があります。まだ幼い魂で他の人と上手に関わりを持てない魂もいれば、何百回も転生を繰り返している老齢の魂もいます。

 

それぞれのレベルに合った課題を持ってこの世に来ます。長い期間で見れば、どの魂も一通りの経験をすることになっています。

 

だから、わたしだけが大変で苦しい人生ではないし、わたしだけがラクして愉しんでいる人生でもないのです。

どちらも過去に経験しているか、未来に経験するのです。

 

過去世において持越したカルマを解消するのを課題にしてくる魂もいれば、まだ体験していない現象に果敢に挑戦する魂もいます。

 

皆さんは、課題をクリアするのに一番いい環境をご自身で選択して、この世に生まれて来ているのです。

 

カルマの解消方法と新たなカルマを作らない方法について

今生の経験からどのように感じて、どのような行動をして、その結果がどうなったのか。

そして、その結果からまた、どう思って、どう行動したのか。が、あなたが持ってきた課題なのです。

 

ここで、その課題をより良くして、徳を積むことが出来たなら魂のカルマが解消します。

その逆に好転することが出来なかったり、人の道から外れた行為をした場合は、あなたの魂はカルマの持ち越しをします。もっと恐いのは新たなカルマを追加した時ですね。

 

肉体がない魂の世界はエネルギー体です。だから、想念もエネルギーです。

悪い念を飛ばさないことも重要です。また、言霊といわれるように言葉にも魂が宿っていることを忘れないようにしてください。

 

まとめ

肉体を離れた世界に戻った時、あなたはエネルギー体です。

同じエネルギーを持った仲間の中へと導かれて行きます。

 

何も不安が無くて、こころ豊かな仲間の世界に行くのでしょうか?

優しさや親切な魂があふれている環境と明るいエネルギーを持った世界です。

 

逆に、業(カルマ)を解消するどころか増やして、いつも不安や恐怖と隣り合わせの世界に行きますか?

 

自分と同じ心を持つ人達は、あなたにとって過ごしやすい環境でしょうか?

人を騙したり、いじめたり、利用したり、奪ったりを普通にしてきた人は、自分の回りが全員同じ考えの魂になります。気を抜く事が出来ないですよね。

 

物質社会だけがこの世であり、見えない世界など存在しない!と思っている人は、その結果の責任を肉体が離れてから受け取ってください。

 

ただし、肉体があるこの世の中では、魂のレベルが混じりあっているだけに善行をするのが簡単なのです。

あなたより高い魂とも触れ合うことが出来るので、魂の成長もしやすいのです。

 

だから、その事に早く気がついて「人の道」から外れることをせずに「徳を積む」こと。

そして、人間のさまざまな感情を味わい、その感情から行動や思考を正しく使えるようになってください。

 

先にも申し上げたように、思考を複雑にしているのはあなた自身です。

根本的には、シンプルで簡単なことなのですよ。

メルマガ無料登録

個別相談申込み

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す